• 先輩看護師

小児看護専門看護師

遠部 泰子

 南岡山医療センターでは、重症心身障害児や慢性疾患の子どもたちが入院・通院をしています。当院を利用している子どもたちの「最善の利益」の為にできることは何かを考え、子どもと家族が心身ともに健やかに安心して過ごせるように、他職種の専門家と共に協力し療養生活を支援しています。

 個々の看護師が、看護の喜びややりがいが感じられるように手助けし、子どもをケアしていく中で戸惑いや難しさを感じているチームのメンバーに対して、小児専門看護師の立場から共に考え、よりよいケアを提供できるように一緒に頑張っています。

 病棟での実践活動や教育活動に加え、外来では、慢性疾患をもつ子どもと家族に対し、子どもの成長や発達を考慮した説明、子どもたち自身が病気を理解し症状をコントロールできるよう指導を心がけています。

 また、同じ地域の他病院・施設のスタッフと連携・協力し在宅で生活をしている重症心身障害児の支援にも取り組んでいます。色々な分野に関わる事で更に知識を深め小児専門看護師として頑張っています。

感染管理認定看護師

形山 優子  溝内 育子

 感染管理認定看護師は、免疫力の低下した患者さんやその家族や面会者、そして、病院で働く職員を感染症から守るために、感染対策の専門家として組織横断的に活動しています。適切な感染予防が実践出来ていないと、感染症が発生し、免疫力の低下した患者さんは命を落とす危険性もあります。そういったことを防ぐために感染予防のマニュアルを作り、医療の現場できちんと実践できているかどうかの確認を行っています。感染対策の基本は標準予防策です。目に見えない感染リスクをわかりやすく伝え、医療現場で標準予防策を実践できるようにすることが私達の役割と考え、日々活動しています。例えば、手の洗い方ひとつをとっても、医療従事者としての正しい手の洗い方、洗うタイミングを理解しておくことはとても重要なことです。病棟ラウンドを実施し、その場で手洗いの指導をしています。また、病院内のみならず、地域の中でも感染対策の活動を実践しています。活動内容を関連する学会等で発表したり、自己研鑽にも努めています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

細田 史子

食べるという字は人を良くするとも読めます

 私は、看護師になり8年目になります。昨年、病院の支援を受け、茨城県立医療大学認定看護師教育課程を受講、平成24年7月摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。

 私が、摂食・嚥下障害看護に興味を持ったきっかけは、新卒で重症心身障害児(者)病棟に配属されたのですが、患者の加齢による嚥下機能の低下、食べられなくなる、全身状態も悪化するケース。患者は口から食べたいと全身で訴えられていましたが、それに対し、その時の私は、なにも援助ができず、患者に申し訳ない思いが常にありました。

 そんな時、摂食・嚥下障害看護認定看護師からの講義を受け、看護師でもできることがたくさんあるのだと知り驚きました。患者に「食べること」をできるだけ長く楽しんで欲しい、スタッフや実習生にもっと食べることに関心を持ってもらいたいとの思いで、認定看護師を目指す決意をしました。

 今、認定看護師として1年がたちますが、重心病棟での定期的な嚥下評価、嚥下造影検査を実施し、患者に適合した食事形態や、姿勢の調整等を行っています。また、一般病棟、外来患者様に対しても、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査を行い、医師、リハビリ等多職種で食事の検討を行い、安全にできるだけ長く食べていただけるよう取り組んでいます!!

 院内研修の企画実施や看護研究を行いながら、専門性を深め、食べることが幸せと感じてもらえ、生活の質向上に努力していこうと思います。