• 教育の考え

新人は、病棟へ配置されると、すぐに先輩とともに患者さんを継続して受け持ちます。
患者さんの看護を通して、看護技術を習得していきます。その状況は『実なり』のノートを使って先輩と確認していきます。
OKサインが出るととても励みになります。