• 教育の考え

南岡山医療センターの教育方針

1)継続教育の目的
  1. ①専門職業人として看護実践力、研究的視点、教育力を自らの責任のもとに高めていく。
  2. ②人として自己実現を目標に、人間性豊かな看護師として成長できる。
2)南岡山医療センターの看護師像
  1. ①より専門性の高い知識・技術を有し、自ら考えて行動できる看護師
  2. ②豊かな感性を持ち、患者を気遣う心配りのできる看護師
  3. ③高い倫理観を持ち、患者にとって最善を尽くすことのできる看護師
3)教育方針
  1. ①専門的知識に基づいた観察・判断・ケア実践ができる能力を養う
  2. ②個別性のある質の高い看護が提供できる能力を養う
  3. ③互いを尊重し、チームで支え共に学び共に育つ力を養う

研修・教育

当センターでは、国立病院機構看護職員能力開発プログラム Actyナース Ver.2に基づき
看護教育研修を実施しています。キャリアラダーは、看護師の臨床実践能力の段階を5つのレベルに分けており、
各レベルに沿って教育支援をおこなっています。

レベルⅠ 看護実践に必要な基本的能力を習得する
レベルⅡ ①根拠に基づいた看護を実践する
②後輩とともに学習する
レベルⅢ ①個別性を重視した看護を実践する
②看護実践者として後輩に支援的役割を果たせる
レベルⅣ ①後輩の学習を支援する
②チームリーダーとしての役割行動がとれる
レベルⅤ 専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究的に取り組む

(出典:国立病院機構看護職員能力開発プログラム Actyナース Ver.2より)

新人は、病棟へ配置されると、すぐに先輩とともに患者さんを継続して受け持ちます。
患者さんの看護を通して、看護技術を習得していきます。その状況は『実なり』のノートを使って先輩と確認していきます。
OKサインが出るととても励みになります。