診療内容

診療対象の疾患

これまでの実績

これまで急性白血病については300名以上の患者様の治療を行ってまいりました。成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)をはじめ全国規模の臨床研究に参画し、特に分化誘導療法、分子標的療法など先進的な治療を積極的に取り入れ、白血病治療の進歩に寄与してきました。また、悪性リンパ腫等の血液がんやその他血液疾患全般についてもよりよい治療を目指して多くの論文発信も行ってまいりました。

治療成績

業績(2005年以降)

  1. Yoshida C, Takeuchi M. Histiocytic sarcoma: Identification of its histiocytic origin using immunohistochemistry. Internal Medicine, 47, 165-169; 2008
  2. Yoshida C, Takeuchi M, et al. Successful treatment of KIT D816V-positive, imatinib-resistant systemic mastocytosis with interferon-alpha. Internal Medicine, 48, 1973-1978; 2009
  3. Takeuchi M, Yoshida C, et al. Deep skin infection of Scedosporium apiospermum in a patient with refractory idiopathic thrombocytopenic purpura. Internal Medicine, 50, 1339-1343; 2011
  4. Yoshida C, Takeuchi M, et al. A novel t(1;8)(q25;p11.2) translocation associated with 8p11 myeloproliferative syndrome. British journal of Haematology, 156, 271-273; 2012

午前 8:30~11:30
※午後は診療科により診療時間が異なります。

土日・祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)