検査機器の紹介

  • 一般X線撮影、消化管透視、CT、MRI等の検査を施行。
  • CTは64列マルチスライスCTを使用し、短時間で微細な病変も撮影できます。
  • MRIは、被曝もなく中枢神経系、脊椎・関節疾患、に有用な検査です。
  • 放射線治療装置により、高エネルギー放射線治療を行っています。入院での放射線治療の他に、外来通院での治療も行います。

放射線科で使用している装置

X線撮影装置

 X線を用いて骨や胸・お腹などの撮影を行います。レントゲンとも呼ばれています。X線には物質を透過する性質があるので、体内を通り抜けたX線が体内の内部の情報をもとにX線写真となります。一般撮影はCTやMRIなどに比べて撮影時間も短く、救急時などに全体像をすばやく知る必要がある時にも、非常に重要な検査です。

X線透視装置

 消化管の検査が行われる装置です。胃や大腸は、骨のようにX線写真には写らないので、X線写真によく写るバリウムを胃や大腸に付着させてから、写真を撮影します。
 食物にバリウムをまぜ、口に入れたものが気管に入らずに食道に流れるかどうかをビデオで記録しながら確認する嚥下造影検査なども行うことができます。

骨密度測定装置

 骨密度とは骨を構成しているカルシウムなどのミネラル類が、骨にどれくらい詰まっているかを表すものです。骨の強さを示す指標です。この骨密度の状態を調べる検査が骨密度測定です。
詳細はこちら

CT

 CT装置の中心にある大きな穴に入って、X線を当て、体の中の様子を画像化する検査です。CT検査には、単純CT検査(造影剤を使わない検査)と造影CT検査(造影剤を使う検査)の2種類があります。造影剤を使用することで、血管、臓器、病変部の様子が分かりやすくなり、より正確な診断が可能となります。
詳細はこちら

造影検査を受けられる方へ

検査中に気分が悪くなったり、かゆみなどの造影剤の副作用が現れたら、我慢せずにすぐお伝えください。造影剤を使用した場合、造影剤のほとんどが尿と一緒に排泄されます。早く排泄されるよう、検査後は水分(お茶、ジュース等)をいつもより多めに摂ってください。一部の糖尿病薬は併用することができない場合があるため、心当たりのある方は医師にご相談ください。

肺がんCT検診について

 肺がんCT検診は、胸部エックス線検査では発見できない肺の末梢にできた数ミリ単位の「肺野がん」の早期発見することが可能です。また、肺がんの診断以外に肺がんの危険因子となる肺気腫、肺線維症や間質性肺炎などの診断することができます。

内臓脂肪測定について

 おへその位置の画像データを撮影することで、専用の体脂肪測定ソフトにより、メタボリック症候群の診断には重要な情報である内臓脂肪を測定する事が出来ます。

MRI

 MRIとは磁気共鳴断層画像診断装置( Magnetic Resonance Imaging)の略で、簡単に言うと「大きい磁石の磁場を利用して、身体をいろんな方向から画像を撮影する検査」です。放射線を使用することが無く、身体の中を様々な方向から撮影することができます。CT検査に比べて軟部組織の情報がより詳しくわかるという特徴があり、造影剤を使わないで血管を描出することも可能です。強力な磁石の力が発生しますので、金属や機械類を持ち込むことができません。そのため、検査が行えない場合もございますので心当たりのある方はご相談ください。
詳細はこちら

検査が受けられない患者様

※検査ができない可能性のある患者様

造影検査を受けられる方へ

検査中に気分が悪くなったり、かゆみなどの造影剤の副作用が現れたら我慢せずにすぐお伝えください。
造影剤を使用した場合、造影剤のほとんどが尿と一緒に排泄されます。
早く排泄されるよう、検査後は水分(お茶、ジュース等)をいつもより多めに摂ってください。

早期アルツハイマー型認知症検査 VSRADについて

 アルツハイマー型認知症では、はじめに海馬・海馬傍回から萎縮することがわかってきています。
VSRAD(Voxel-Based Specific Regional Analysis System for Alzheimer's Disease)は、MRI装置によって海馬・海馬傍回付近の萎縮の形態画像情報を解析し、早期のうちにアルツハイマー型認知症を発見するという検査システムです。アルツハイマー型認知症のスクリーニング検査に位置づけられます。

早期にアルツハイマー型認知症をみつけることができれば、薬によって認知症の症状が良くなることがあります。
この薬は認知症を根本的に治すことはできませんが、認知症の症状の進行を遅らせることができます。 どのような病気にもいえることですが、治療を始める時期は早い方がよいのです。 検査の対象は50歳以上の方になります。50歳未満の方は萎縮に関して擬陽性を示すことがあります。

放射線治療装置

 高エネルギーのX線を発生させる装置を、リニアックといいます。この装置から発生するX線は、強力なエネルギーを有しているため、正常組織をさけて目的とする病変にのみ照射する必要があります。リニアックに搭載されているマルチリーフコリメータや錠で、照射する形状を作り目的部位以外のX線を遮蔽し、多方向から照射します。
 また、細胞は時間を置くと回復する能力があり正常細胞はがん細胞に比べて回復する力が大きいため、回数を分けることによって正常細胞のダメージを軽減し、がん細胞に多くのダメージを与えます。治療方法や回数に関しては、放射線治療医が病状や治療目的により決めます。
*治療は通常、月曜日から金曜日までの週5日間、数週間かけて実施しています。
詳細はこちら

 放射線治療で重要なことは、日々ずれることなく同じ位置にあわせて行うことです。照射を行う前に画像を撮影し、最初の状態と比べて、日々の体位のずれを少なくします。そのことにより、正常組織に対する安全性を確保し、病変に対して効果の高い治療を実現しています。

午前 8:30~11:30
※午後は診療科により診療時間が異なります。

土日・祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)