診療内容

診療対象の疾患

呼吸器外科
  • 肺腫瘍:肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍など
  • 縦隔疾患:縦隔腫瘍など
  • 胸膜疾患・嚢胞性肺疾患:気胸、血胸、肺嚢胞など
  • 呼吸器感染症:肺結核、肺真菌症、膿胸など
消化器・一般外科
  • 消化管腫瘍:胃癌、結腸・直腸癌など
  • 嚥下困難、繰り返す誤嚥性肺炎に対する胃瘻造設術
  • 胆道系疾患:胆石、胆嚢炎、胆管炎など
  • 腹膜炎:消化管穿孔、急性虫垂炎など
  • 腸閉塞(イレウス)
  • 肛門疾患:内痔核(いぼ痔)、痔瘻、裂肛(切れ痔)、脱肛など
  • ヘルニア:鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア
  • その他(リザーバー留置など)

診療内容

治療方針の決定に際しては、根治性と安全性を重視し十分なインフォームドコンセントのもとに行っていますので、わかりにくい点や不安に思うことは納得できるまでお聞きになってください。

呼吸器外科

当科では肺癌、縦隔腫瘍、気胸、肺結核等の呼吸器感染症などの疾患に対応しています。肺癌では症例によって呼吸器内科による化学療法と放射線科による照射を、また低肺機能の患者様には術前術後に呼吸器リハビリテーションを併用し、各診療科連携のもと治療成績の向上に努めています。また、当科では早くより胸腔鏡下手術を取り入れており、各種検査で診断のつかない病変に対する胸腔鏡下生検や、術中病理検査を併用して手術方針を決めることもあります。治療においても、良性疾患はもとより、肺癌に対する肺葉切除術も多くの症例は胸腔鏡下に行っており、手術創が小さいため、術後の痛みが少なく回復が早いうえ外見上も好評です。

消化器・一般外科

現在、消化器外科手術領域では、広く腹腔鏡下手術が普及しており、当院においても早期胃癌、大腸癌(進行癌も含む)、胆嚢疾患(胆嚢結石、胆嚢炎)、鼠径ヘルニアにおいて腹腔鏡下手術を採用しております。一般的に腹腔鏡下手術の利点として、通常手術と比較し、①創が小さい②術後疼痛が少ない③術後回復が早い等が挙げられます。手術時間が通常手術よりやや長い欠点もありますが、最近は手術手技の定型化のため、その差は少なくなる傾向にあります。結果として、早期離床や早期社会復帰につながる、患者様にやさしい治療と考えます。
当科ではそういった治療法も含め、患者様一人一人にあった適切な治療を行ってまいります。当科診療対象疾患につき気になることがございましたら、当院まで御連絡、御相談ください。

午前 8:30~11:30
※午後は診療科により診療時間が異なります。

土日・祝祭日
年末年始(12月29日~1月3日)